外壁塗装 見積もり

外壁塗装見積もりのコツについて知ろう

外壁塗装見積もりのコツについて知ろう

 

必ず複数の業者から見積もりをとる

 

外壁塗装に限らず、かなりの出費が見込まれるものについては1社だけで見積もりをとらないようにしましょう。複数の業者から見積もりを取るのが基本中の基本です。

 

 

特に外壁塗装は一般的に相場が知れ渡っていません。更に業者によって得手不得手があるので同じ住宅でも塗装の工程や使用する塗料、必要な日程や人員などが変わってくるため、費用に差が出ることがあります。

 

 

複数の業者に見積もりをとることによって初めて自分の家の外壁塗装の費用の相場を知ることができるのです。

 

見積もりを取る際には同じランクの塗料で見積もりを取ろう

 

先ほど少し触れましたが、外壁塗装に使用する塗料にはいくつかの種類があります。大きく分けるとアクリル塗料、ウレタン系塗料、シリコン系塗料、フッ素系塗料、光触媒塗料の5種類になり、後になればなるほど高価な代わりに耐用年数が長くなります。

 

 

複数の業者に見積もりを取る際に気を付けておいてほしいのが、見積もりの際に使用する塗料のレベルを統一するようにしましょう。

 

 

現在主に使われているのは耐用年数が長い上に耐熱効果も高いため、費用対効果が抜群なシリコン系塗料です。見積もりを取る際にはシリコン系塗料を使用すると仮定して見積もりをとるようにすると、実際に作業をしてもらったときの費用との誤差が少なくなるでしょう。

 

気になることや不安などは見積もりの時に全て聞いておこう

 

外壁塗装は専門的な作業なので、素人である私たちにはわからないことだらけです。

 

 

実際に外壁塗装をする際には塗料はどれを使用すればいいか、工事はどれくらいの日数かかるのか、予算内で作業をしてもらえるかなど、気になることや不安になることがたくさん出てくるのではないでしょうか。

 

外壁塗装見積もりのコツについて知ろう

 

気になることや不安なことをそのままにしておくと、後々大きなトラブルにならないとも限らないので、わからないことは見積もりの際に必ず業者に質問するようにしましょう。

 

 

こちらの質問に対して誠意をもって分かりやすく答えてくれるかどうかも、見積もりを取る際の業者選びの判断基準の一つになります。

 

見積書に必要事項が記載されているかチェックする

 

実際に自宅へと訪問してもらい、見積書を受け取ったら見積書に必要な項目がきちんと記載されているかチェックしておきましょう。

 

 

見積書の内容は業者によって様々ですが、現状についての診断書があるか、塗料は何を使用するか、どのような工程で塗装を行うのかについて誰が見てもわかるように書かれているか確認しましょう。

 

 

もし確認して分からない場合は業者に必ず質問してください。その際にはっきりとした回答が得られないような業者には工事は依頼しない方が無難です。

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

 

外壁塗装の適正価格を知るには複数社を比較しましょう

ヌリカエ

ヌリカエの特徴

【匿名OK・完全無料・相場もスグわかる】初めての外壁塗装を失敗したくない、家の近くの優良な業者を探してる方にピッタリ!たった45秒の入力で外壁塗装の一括見積り依頼!複数の塗装業者を比較可能!全国470万人以上が利用!匿名で見積りできるので、しつこく営業される心配もありません!

リショップナビ

リショップナビの特徴

【業者選びが不要!優良会社をご紹介!】たった30秒で見積もり依頼完了!厳選した全国800社の中から、あなたに合ったリフォーム会社5社のプランと見積もりを比較!リフォーム価格が半額になることも!もしもの時の「安心リフォーム保証制度」工事ミスや引渡し後1年は瑕疵の損害保証!

タウンライフリフォーム

タウンライフリフォームの特徴

【自宅にいながら資料比較!】タウンライフリフォームでは「成功するリフォーム7つの法則」を毎月先着99名に無料プレゼント!無くなるうちに今すぐ手に入れよう!3分の入力で複数社に希望を伝えられる!国家公認の全国300社以上が登録!詐欺業者に個人情報が流出する心配もありません!


賢く外壁塗装をするなら、まずは「ヌリカエ」で相場のチェックは欠かせません。


そのうえで、「リショップナビ」「タウンライフリフォーム」で一括見積りしてみる。


すべて完全無料なので、外壁塗装を検討するならやらないと損!


入力も1分程度で終わるので、忘れないうちに今すぐやっておきましょうね。