外壁塗装 価格

外壁塗装の価格に差がある理由と選び方

外壁塗装の価格に差がある理由と選び方

 

外壁塗装の価格の内訳

 

外壁塗装をする場合には、足場を設置することから始まります。足場は専門の職人が家を取り囲むように大量の部品を組み立てていくため十数万円から数十万円の費用がかかります。

 

 

次に、下地やコーキングの傷んでいる箇所を補修したり、なめらかになるように整えたりする下地調整を行い、高圧洗浄で汚れや剥離した塗料、コケなどを取り除いていきます。

 

 

塗装は下塗り、中塗り、上塗りと何回かに分けて丁寧に塗り重ね、塗料のむらや隙間ができることを防ぎます。

 

 

塗装後の点検を行い、状態に問題がなければ足場を外していくことになります。外壁塗装の価格には、塗料や塗装の料金だけでなく、足場や下地調整、洗浄などが含まれています。

 

塗料の選び方で価格が変わる

 

同じ会社でも塗料の種類によって価格が変わるのが外壁塗装です。ウレタンやシリコンなどの種類がありますが、単に原材料が異なるだけではなく、耐用年数に違いがあることを知っておくことが重要です。

 

 

安い塗料は耐用年数が短い傾向があり、6年前後で次の塗り替え時期になるものがあります。一般的に使われている塗料は、耐用年数が10年程度のものが多いのですが、最近は価格が高くても耐用年数が15年〜20年と長い物も人気があります。

 

外壁塗装の価格に差がある理由と選び方

 

耐用年数が長いと次の塗り替えまでの期間も長くなるため、1回あたりの価格は高くても、長い目で見た時のコストパフォーマンスが高い場合もあります。外壁塗装の回数が少なくなるだけではなく、足場代の節約になることも考慮して、耐用年数をチェックすることがおすすめです。

 

外壁塗装の選び方

 

外壁塗装の価格は、塗料の選び方によって違いがありますが、同じ塗料でも業者によって足場代や人件費などの諸経費に違いがあるため、総額が異なってきます。

 

 

同じ塗料なら安い方が良い、という方も多いのですが、価格の安さだけで決めてしまうのではなく、現地調査をしてもらって見積もりを取ってみてから決めることをおすすめします。

 

 

見積もりを見て、作業の内訳が分かりやすく書かれているかどうか、説明が丁寧で納得できる物だったか、価格だけではなく家を長持ちさせるために必要な補修や外壁塗装を提案してくれているかどうかなどをチェックし、総合的に判断することをおすすめします。

 

 

安い業者は、企業努力をしている場合もありますが、重ね塗りの回数が少なかったり、下地調整の一部を省いていたりすることもあるので、価格の違いの理由をしっかりと見極めて安心できる外壁塗装を選ぶことをおすすめします。

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

 

外壁塗装の適正価格を知るには複数社を比較しましょう

ヌリカエ

ヌリカエの特徴

【匿名OK・完全無料・相場もスグわかる】初めての外壁塗装を失敗したくない、家の近くの優良な業者を探してる方にピッタリ!たった45秒の入力で外壁塗装の一括見積り依頼!複数の塗装業者を比較可能!全国470万人以上が利用!匿名で見積りできるので、しつこく営業される心配もありません!

リショップナビ

リショップナビの特徴

【業者選びが不要!優良会社をご紹介!】たった30秒で見積もり依頼完了!厳選した全国800社の中から、あなたに合ったリフォーム会社5社のプランと見積もりを比較!リフォーム価格が半額になることも!もしもの時の「安心リフォーム保証制度」工事ミスや引渡し後1年は瑕疵の損害保証!

タウンライフリフォーム

タウンライフリフォームの特徴

【自宅にいながら資料比較!】タウンライフリフォームでは「成功するリフォーム7つの法則」を毎月先着99名に無料プレゼント!無くなるうちに今すぐ手に入れよう!3分の入力で複数社に希望を伝えられる!国家公認の全国300社以上が登録!詐欺業者に個人情報が流出する心配もありません!


賢く外壁塗装をするなら、まずは「ヌリカエ」で相場のチェックは欠かせません。


そのうえで、「リショップナビ」「タウンライフリフォーム」で一括見積りしてみる。


すべて完全無料なので、外壁塗装を検討するならやらないと損!


入力も1分程度で終わるので、忘れないうちに今すぐやっておきましょうね。