外壁塗装 臭い

外壁塗装の作業で生じる塗料の不快な臭いを漏らさないための工夫

外壁塗装の作業で生じる塗料の不快な臭いを漏らさないための工夫

 

外壁塗装に用いる塗料と不快な臭気の関係

 

建物の外壁は日光や風雨などの刺激の他、経年劣化によって塗装面が剥離します。塗装が剥がれた外壁は見栄えが悪く、建材の傷みも進むので速やかな塗り直しが不可欠です。

 

 

外壁塗装に使用する塗料は速乾性の物が多いことから短時間で作業が済む他、天候の影響を受けにくいメリットがあります。その一方で塗料によっては強い刺激臭が出る物があるため、外壁塗装の際に周囲が不快な臭いに覆われてしまうことがあります。

 

 

特に速乾性の塗料に含まれている乾燥促進剤は不快な臭気を出す物が多く、塗料の臭気と合わさって強い臭いが発生します。塗料を薄めるシンナーも有毒な刺激臭を出すことから、外壁塗装を行う時は十分な換気が不可欠です。

 

塗料の悪臭が近隣トラブルに至る原因と注意点

 

外壁塗装で発生した不快な臭いは周囲に飛散し、近隣住民に多大な迷惑をかけてしまう可能性があります。

 

 

風向きによっては遠くまで不快な刺激臭が拡散されるため、トラブルの規模も大きくなる点を注意することが大切です。塗料から出る臭いは衣類に沁み込んでしまうので洗濯物を汚損させる原因になります。

 

外壁塗装の作業で生じる塗料の不快な臭いを漏らさないための工夫

 

動植物への悪影響も強く、ペットの健康被害や庭木が枯れるなどの重大なトラブルに発展する可能性があることから、外壁塗装を行う際は近隣へのあいさつ回りを行い、強い臭いが生じる可能性があることを説明するのが社会的なマナーです。

 

 

特に小さい子供や高齢者がいる世帯に対してはより詳しい説明を行い、作業中は外出を控えてもらうなどの配慮を求める必要があります。

 

強い悪臭を飛散させないための工夫について

 

外壁塗装に使う塗料やシンナーは不快な臭いを出すのが当たり前なのが従来の常識でしたが、近年の製造技術の発達によって刺激臭が少ない塗料が出回るようになっています。

 

 

従来の塗料と比較すると頭痛や吐き気を感じる程の強い刺激臭は出ないので、近隣に対するトラブル発生のリスクの軽減が可能です。また、外壁塗装の作業中は建物全体を気密性が高いシートで覆い、臭いを外部に漏らさない方法もあります。

 

 

刺激臭を出す塗料を使っても周囲に飛散しないので近隣へ迷惑をかける心配がありません。天候の影響も受けにくいので急激な温度変化や降雨に見舞われても塗装面が傷まないのが利点ですが、その一方でシート内に塗料の臭いが籠ってしまう問題があります。

 

 

中毒事故を防ぐためにはこまめに換気を行うことが大切ですが、シートをそのまま剥がすと塗料の臭いが一気に飛散します。そのため、換気口に消臭作用があるフィルターを入れて空気の入れ替えを行うのが適切な対処法です。

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

 

外壁塗装の適正価格を知るには複数社を比較しましょう

ヌリカエ

ヌリカエの特徴

【匿名OK・完全無料・相場もスグわかる】初めての外壁塗装を失敗したくない、家の近くの優良な業者を探してる方にピッタリ!たった45秒の入力で外壁塗装の一括見積り依頼!複数の塗装業者を比較可能!全国470万人以上が利用!匿名で見積りできるので、しつこく営業される心配もありません!

リショップナビ

リショップナビの特徴

【業者選びが不要!優良会社をご紹介!】たった30秒で見積もり依頼完了!厳選した全国800社の中から、あなたに合ったリフォーム会社5社のプランと見積もりを比較!リフォーム価格が半額になることも!もしもの時の「安心リフォーム保証制度」工事ミスや引渡し後1年は瑕疵の損害保証!

タウンライフリフォーム

タウンライフリフォームの特徴

【自宅にいながら資料比較!】タウンライフリフォームでは「成功するリフォーム7つの法則」を毎月先着99名に無料プレゼント!無くなるうちに今すぐ手に入れよう!3分の入力で複数社に希望を伝えられる!国家公認の全国300社以上が登録!詐欺業者に個人情報が流出する心配もありません!


賢く外壁塗装をするなら、まずは「ヌリカエ」で相場のチェックは欠かせません。


そのうえで、「リショップナビ」「タウンライフリフォーム」で一括見積りしてみる。


すべて完全無料なので、外壁塗装を検討するならやらないと損!


入力も1分程度で終わるので、忘れないうちに今すぐやっておきましょうね。