外壁塗装 塗料 種類

外壁塗装で使われる塗料にはどんな種類がある?

外壁塗装で使われる塗料にはどんな種類がある?

 

費用が安いウレタン塗料

 

ウレタン系の樹脂が主成分として使われている塗料を、ウレタン塗料と呼びます。耐久年数は7〜10年ほどです。非常に柔らかい性質を持っており、密着性も高いので防水工事にもよく用いられている種類です。

 

 

一昔前の外壁塗装では、このウレタン系塗料が主に使われていました。費用と品質のバランスが取れていたからです。

 

 

現在では他の塗料に比べると耐久年数で劣ることと、上位品質の塗料の価格が下がってきたことで使用頻度は減ってきましたが、費用が安く用途の幅も広いことから積極的に使っている業者もいます。

 

 

他の塗料をメインに使う場合も、細部塗装や木部塗装などに部分的に使われることがあります。

 

根強い人気のシリコン塗料

 

現在の外壁塗装で定番となっているのが、セラミックを含んだシリコン塗料です。シリコン塗料のメリットはその高性能にあります。汚れにくいので、色褪せや汚れを気にすることなく使用することができます。

 

 

この特徴から、真っ白や赤など従来は難しかった色の塗装も可能になっています。耐久性も高く、一度塗れば12〜15年ほどもちます。

 

 

シリコン系はメジャーなので、様々な塗料会社から工夫を凝らした商品が販売されています。選択肢が多いというのも、メリットの一つと言えるでしょう。

 

外壁塗装で使われる塗料にはどんな種類がある?

 

シリコン塗料には水性セラミシリコン、クリーンマイルドシリコン、アートフレッシュという3つの種類があります。それぞれの特徴はもちろん、適した外壁の種類も違ってくるので、業者からの説明を聞いて適したものを選ぶようにしましょう。

 

新世代塗料ラジカルとは?

 

どんな壁材にも対応できる新世代の塗料として注目されているのが、ラジカル塗料です。シリコン塗料の上を行く、14〜16年という耐久年数を誇ります。

 

 

単に長持ちするだけではなく、耐久性にも優れています。紫外線や水はもちろん、酸素による塗膜の劣化が起こりにくく、塗膜にツヤがあるので汚れにくいというメリットもあります。

 

 

新しい塗料の種類なのでまだ知名度は低いですが、高い性能に対して費用もそこまで高くないので、これからの外壁塗装の主力を担っていくとされている塗料です。

 

この他の塗料について

 

塗料の種類としては、他にアクリルとフッ素があります。しかしこの2種類は一般住宅の外壁塗装にはほとんど使われません。

 

 

アクリル塗料は単価が安く発色も綺麗なのですが、耐久性が極端に低いというデメリットがあります。短期間の店舗などに使われることはありますが、一般住宅には向いているとは言えないのです。

 

 

フッ素塗料は高品質ですが、価格が高く一般住宅にはオーバースペックであると言われています。高級さにこだわる場合を除けば、やはり選択肢から外れてきます。

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

 

外壁塗装の適正価格を知るには複数社を比較しましょう

ヌリカエ

ヌリカエの特徴

【匿名OK・完全無料・相場もスグわかる】初めての外壁塗装を失敗したくない、家の近くの優良な業者を探してる方にピッタリ!たった45秒の入力で外壁塗装の一括見積り依頼!複数の塗装業者を比較可能!全国470万人以上が利用!匿名で見積りできるので、しつこく営業される心配もありません!

リショップナビ

リショップナビの特徴

【業者選びが不要!優良会社をご紹介!】たった30秒で見積もり依頼完了!厳選した全国800社の中から、あなたに合ったリフォーム会社5社のプランと見積もりを比較!リフォーム価格が半額になることも!もしもの時の「安心リフォーム保証制度」工事ミスや引渡し後1年は瑕疵の損害保証!

タウンライフリフォーム

タウンライフリフォームの特徴

【自宅にいながら資料比較!】タウンライフリフォームでは「成功するリフォーム7つの法則」を毎月先着99名に無料プレゼント!無くなるうちに今すぐ手に入れよう!3分の入力で複数社に希望を伝えられる!国家公認の全国300社以上が登録!詐欺業者に個人情報が流出する心配もありません!


賢く外壁塗装をするなら、まずは「ヌリカエ」で相場のチェックは欠かせません。


そのうえで、「リショップナビ」「タウンライフリフォーム」で一括見積りしてみる。


すべて完全無料なので、外壁塗装を検討するならやらないと損!


入力も1分程度で終わるので、忘れないうちに今すぐやっておきましょうね。