外壁塗装 養成費用

外壁塗装の際にかかる養成費用とは

外壁塗装の際にかかる養成費用とは

 

養生とは

 

外壁塗装とは、建物の外壁にペンキなどで塗装をして、補強したり見た目の改善を図るものです。この外壁塗装の際には、必ずと言ってよいほど養生作業が行われます。

 

 

養生作業とは、外壁塗装作業の最もはじめの作業であり、外壁の塗料を塗らない部分に、マスキングテープやビニールなどで覆って塗料がつかないようにする作業のことです。

 

 

養生をすることによって塗料が飛散してしまい、汚れることを防ぎます。窓ガラスをはじめとして、アルミ建材の部分、床面や庭の植木など塗装を行わないあらゆる部分に行われます。

 

 

養生を行わないと、植木に塗料がかかり枯れたり、塗料が周囲の家へと飛び散ってしまうこともあります。トラブルへと発展して、解決のために養成費用よりも大きな費用が掛かる可能性も高いです。

 

養成費用の内訳

 

外壁塗装の際の養成費用は、見積書や請求書において、単純に養成費用と記載されることもありますが、細かく内訳を記載してくれる場合もあります。また、養成費用ではなく、副資材として記載している業者もあるので、よく確認することが必要です。

 

 

養生一式として書かれていた場合、その内訳は、まず養生シートに始まり、布テープやマスカーなどがあります。飛散防止ネットも必ず入っていることでしょう。

 

 

さらには、養生を取り付ける作業費用と外壁塗装が終わった後に養生を撤去・処分にかかった費用も含まれています。

 

外壁塗装の際にかかる養成費用とは

 

塗装業者において養生作業を行う場合もありますが、養生作業を別の業者に委託していることがあります。この場合、どの部分まで作業を行ってくれるのかをきちんと確認することが必要です。

 

 

委託業者にまで内容が細かく伝わっていないと、しっかりと養生されず塗料の汚れが思わぬ場所に付着してしまう可能性があります。

 

養成費用の相場

 

外壁塗装を行う際の養成費用は、1平方メートル当たり300円から500円ほどとなっています。そのため、一般的な家庭住宅で外壁塗装をしたならば、坪単位で計算することとなり、養成費用の相場は、30000円から60000円ほどの見積もりとなることが多いです。

 

 

飛散防止ネットは単価で2000円ほどであり、一般的な住宅で2,3枚ほど必要となり5000円ほどはかかるでしょう。テープ代金だけでおよそ3000円から5000円ほどが相場です。

 

 

最も費用として高いのが作業費であり、25000円ほど、撤去・処分費用として6000円ほどかかります。これらをすべて合わせた費用が相場として60000円ほどとなります。

 

注意点

 

養生をどこまで行うかのあらかじめの確認が重要です。場合により追加オプションとなることもあります。しかし、大幅に養成費用が安い業者は作業が悪く悪質な業者である場合もあります。何よりも必要なことは、信頼できる業者に依頼することです。

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

 

外壁塗装の適正価格を知るには複数社を比較しましょう

ヌリカエ

ヌリカエの特徴

【匿名OK・完全無料・相場もスグわかる】初めての外壁塗装を失敗したくない、家の近くの優良な業者を探してる方にピッタリ!たった45秒の入力で外壁塗装の一括見積り依頼!複数の塗装業者を比較可能!全国470万人以上が利用!匿名で見積りできるので、しつこく営業される心配もありません!

リショップナビ

リショップナビの特徴

【業者選びが不要!優良会社をご紹介!】たった30秒で見積もり依頼完了!厳選した全国800社の中から、あなたに合ったリフォーム会社5社のプランと見積もりを比較!リフォーム価格が半額になることも!もしもの時の「安心リフォーム保証制度」工事ミスや引渡し後1年は瑕疵の損害保証!

タウンライフリフォーム

タウンライフリフォームの特徴

【自宅にいながら資料比較!】タウンライフリフォームでは「成功するリフォーム7つの法則」を毎月先着99名に無料プレゼント!無くなるうちに今すぐ手に入れよう!3分の入力で複数社に希望を伝えられる!国家公認の全国300社以上が登録!詐欺業者に個人情報が流出する心配もありません!


賢く外壁塗装をするなら、まずは「ヌリカエ」で相場のチェックは欠かせません。


そのうえで、「リショップナビ」「タウンライフリフォーム」で一括見積りしてみる。


すべて完全無料なので、外壁塗装を検討するならやらないと損!


入力も1分程度で終わるので、忘れないうちに今すぐやっておきましょうね。