屋根塗装 坪単価

屋根塗装の坪単価はどれくらいなの

屋根塗装の坪単価はどれくらいなの

 

屋根塗装の目安

 

屋根塗装の坪単価は基本的には素材によって相場が変わるのが特徴です。アクリル系樹脂ならば坪単価は1万円前後、ウレタン系樹脂ならば1.5から2万円ほど、シリコン系樹脂だと2万から2.5万、フッ素系樹脂になると2.5万から3万円ほどとなります。

 

 

安い素材を選んだほうがお得に感じるかもしれませんが、それぞれで耐久年数が異なっており、アクリル系樹脂ならば5年前後、ウレタン系樹脂ならば約7年、シリコン系樹脂だと10年、フッ素系樹脂は15年となっています。

 

 

高い素材ほど一回の塗装費用は高くなりますがその分、長持ちするため、長期的に見ると出費を抑えられる場合があるので注意してください。

 

 

また、素材によっては紫外線に強いものや太陽光に強いもの、雨水に強いものなど特性が異なっているので、自身が住んでいるところの特徴に合わせて素材を選ぶようにしましょう。

 

屋根塗装を安くする方法

 

屋根塗装を安くする方法はいくつかあり、その1つが「他の箇所をリフォームするときに一緒に屋根塗装おこなう」ということです

 

 

実は屋根塗装するだけならば費用はそれほど高くありません。屋根という高い場所に足場を組んだり、下地の補修や点検をしたりするときに発生する人件費が高いのです。

 

屋根塗装の坪単価はどれくらいなの

 

そのため外壁の補修をするときに一緒に屋根塗装もおこなうようにすれば、組み立てた足場をそのまま流用することができ、コストを抑えられるようになります。

 

 

2つ目は「カバー工法」で補修をするということです。カバー工法というのは既存の屋根を掃除し、その上に防水ルーフィングを覆い、さらに新しい屋根素材を追加します。

 

 

下地が無事であることや凹凸が少ない屋根で無いとおこなえませんが、屋根の防水性や遮熱効果がアップして、長持ちとするようになるため費用が抑えられるようになります。

 

屋根の色で発生する効果の違い

 

屋根塗装をするときは素材選びが重要となりますが、色もまた重要な要素です。なるべくスノーホワイト、ミディアムグレー、サックスブルーなどの明るい色を選ぶようにしてください。

 

 

色によっては熱を吸収する効果や日射反射率が異なっており、明るい色の場合は熱を吸収する効果が低くて日射反射率高いことから、家の中の温度を安定させるのに貢献してくれます。

 

 

逆に要注意なのが黒などの濃い色です。それらのカラーは熱を吸収する効果が高いので、夏場などは家の中の温度を上げてしまう恐れがあります。カラーだけで塗装にかかる費用は基本的に変化しないので、なるべく明るい色を選ぶようにしましょう。

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

 

外壁塗装の適正価格を知るには複数社を比較しましょう

ヌリカエ

ヌリカエの特徴

【匿名OK・完全無料・相場もスグわかる】初めての外壁塗装を失敗したくない、家の近くの優良な業者を探してる方にピッタリ!たった45秒の入力で外壁塗装の一括見積り依頼!複数の塗装業者を比較可能!全国470万人以上が利用!匿名で見積りできるので、しつこく営業される心配もありません!

リショップナビ

リショップナビの特徴

【業者選びが不要!優良会社をご紹介!】たった30秒で見積もり依頼完了!厳選した全国800社の中から、あなたに合ったリフォーム会社5社のプランと見積もりを比較!リフォーム価格が半額になることも!もしもの時の「安心リフォーム保証制度」工事ミスや引渡し後1年は瑕疵の損害保証!

タウンライフリフォーム

タウンライフリフォームの特徴

【自宅にいながら資料比較!】タウンライフリフォームでは「成功するリフォーム7つの法則」を毎月先着99名に無料プレゼント!無くなるうちに今すぐ手に入れよう!3分の入力で複数社に希望を伝えられる!国家公認の全国300社以上が登録!詐欺業者に個人情報が流出する心配もありません!


賢く外壁塗装をするなら、まずは「ヌリカエ」で相場のチェックは欠かせません。


そのうえで、「リショップナビ」「タウンライフリフォーム」で一括見積りしてみる。


すべて完全無料なので、外壁塗装を検討するならやらないと損!


入力も1分程度で終わるので、忘れないうちに今すぐやっておきましょうね。