外壁 耐久年数

外壁の耐久年数と長持ちさせるコツ

外壁の耐久年数と長持ちさせるコツ

 

外壁の耐久年数の目安

 

耐久年数とは、塗装した日からひび割れやチョーキング現象、カビなどが生える前の日までの期間をいいます。チョーキング現象とは、外壁に触れた時にチョークの粉のようなものが着いてしまう現象です。

 

 

チョーキング現象が出た外壁は、放水性が無くなってしまっています。そのため壁に穴が開いたり、ヒビが入ってしまいます。このような症状が出た場合、建物を守るために外壁塗料をする必要があります。

 

 

どの種類の塗料にも必ず寿命があり、耐久年数は塗装の種類によっても大きく変わります。では、よく使われる塗料の寿命や特徴をいくつか紹介します。

 

 

アクリルの寿命は約3〜5年です。種類が多く比較的安価ですが、汚れやすく劣化が早いので短期間で塗り替えを考えている方にぴったりです。ウレタンの寿命は約5〜7年です。数年前までは最も普及していて、比較的安価で汚れに強い塗料ですが、耐久年数が短いです。

 

 

シリコンの寿命は約7〜10年です。現在最も普及している塗料で、価格と機能のバランスがぴったりです。フッ素や光触媒は寿命が約10〜15年です。フッ素はとても高価な塗料で、ツヤ消しが可能なので高級感を出すことができる塗料です。

 

 

光触媒は光や雨などで汚染物質を分解し、空気を綺麗にすることができます。5つの塗料を紹介しましたが、このように耐久年数や機能が塗料によって異なります。そのため、外壁の状況や状態、予算に合わせてぴったりなものを選択する必要があります。

 

耐久年数は状況によって変化する

 

交通量の多い場所で排気ガスの影響を受けたり、大型トラックの走行による振動は、耐久年数を左右する要因になります。西日がよく当たる場所は紫外線の影響を受けやすく、日の当たらない場所はカビが生えやすくなります。

 

外壁の耐久年数と長持ちさせるコツ

 

紹介した耐久年数はあくまで目安なので、建物の立地条件や方角により大きく変わる可能性があることをあらかじめ想定しておくことが重要です。

 

外壁を長持ちさせるコツ

 

外壁を長持ちさせる為には、耐久性が高い塗料を選ぶ必要があります。しかし高価な塗料は、予算の都合などにより選ぶことが難しい場合もあります。

 

 

自分で対策できることは、湿気をこもらせないことです。湿気がこもりやすいとカビの原因になってしまいます。日陰を作ってしまうようなものは、できるだけ置かないように注意しましょう。

 

 

外壁の近くに植え込みがある場合は、風通しをよくするためにこまめに刈り込みをしましょう。少しのカビでも、放っておくとすぐに広がってしまいます。カビを少しでも見つけたら、洗浄することが大切です。

 

 

ほとんどのカビは柔らかいスポンジを使って、水洗いをすると落とすことができます。もし水洗いで落ちない場合は、外壁用の洗浄剤やカビ取り剤を使用すると簡単に落とすことができます。

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

 

外壁塗装の適正価格を知るには複数社を比較しましょう

ヌリカエ

ヌリカエの特徴

【匿名OK・完全無料・相場もスグわかる】初めての外壁塗装を失敗したくない、家の近くの優良な業者を探してる方にピッタリ!たった45秒の入力で外壁塗装の一括見積り依頼!複数の塗装業者を比較可能!全国470万人以上が利用!匿名で見積りできるので、しつこく営業される心配もありません!

リショップナビ

リショップナビの特徴

【業者選びが不要!優良会社をご紹介!】たった30秒で見積もり依頼完了!厳選した全国800社の中から、あなたに合ったリフォーム会社5社のプランと見積もりを比較!リフォーム価格が半額になることも!もしもの時の「安心リフォーム保証制度」工事ミスや引渡し後1年は瑕疵の損害保証!

タウンライフリフォーム

タウンライフリフォームの特徴

【自宅にいながら資料比較!】タウンライフリフォームでは「成功するリフォーム7つの法則」を毎月先着99名に無料プレゼント!無くなるうちに今すぐ手に入れよう!3分の入力で複数社に希望を伝えられる!国家公認の全国300社以上が登録!詐欺業者に個人情報が流出する心配もありません!


賢く外壁塗装をするなら、まずは「ヌリカエ」で相場のチェックは欠かせません。


そのうえで、「リショップナビ」「タウンライフリフォーム」で一括見積りしてみる。


すべて完全無料なので、外壁塗装を検討するならやらないと損!


入力も1分程度で終わるので、忘れないうちに今すぐやっておきましょうね。